マツノザイセンチュウ抵抗性育種試験

マツノザイセンチュウ抵抗性育種試験

県名新潟県
研究機関名新潟県森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H15-22
年度2010
概要目的:アカマツについては、抵抗性一次合格木による暫定採種園の種子生産性と後代苗の抵抗性を明らかにし、品種の実用普及に資する。クロマツについては、抵抗性木の追加選抜を実施する。 成果:アカマツ暫定採種園各クローンの開花期間、着花性、種子生産性を調査し、着花性と種子生産性で、各クローンの特性を評価した。また各クローンの後代実生苗の抵抗性を評価した。クロマツ抵抗性候補木の実生苗木を育成し、線虫接種検定により、抵抗性個体を64家系320本選抜した
研究分担森林・林業技術課
予算区分県単
業績(1)マツノザイセンチュウ抵抗性育種に関する試験(V) −抵抗性アカマツ暫定採種園構成クローンの後代実生苗の抵抗性−
(2)新潟県におけるマツノザイセンチュウ抵抗性アカマツ暫定採種園産苗の抵抗性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170459
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat