オオムギ赤かび病類似症の発生抑止技術の開発 (大麦の高品質安定生産に向けた栽培管理技術の確立)

オオムギ赤かび病類似症の発生抑止技術の開発 (大麦の高品質安定生産に向けた栽培管理技術の確立)

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2010
概要 赤かび病類似症の原因菌の同定、有効薬剤の検索および発生生態の調査を実施した。  赤かび病類似症の原因菌は、赤変部はEpicoccum nigram 、酵母様菌はSporoboromyces ruberrimus と同定された。  有効薬剤の検索では、穂の赤変に対しては判然とした結果は得られなかったが、E. nigramを接種した試験で穂や麦稈の汚れに対してテブコナゾール水和剤が高い防除効果を示した。  類似症の発生は、両菌とも成熟期頃の接種で多くなる傾向が見られた。また、刈り遅れで類似症の発生が多くなった。
研究分担農業研究所 病理昆虫課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170496
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat