畜産副産物の高度利用技術の開発

畜産副産物の高度利用技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:豚内臓を食品素材として有効利用した畜産加工食品の開発を図る。 成果:豚心臓(ハツ)を原料にソーセージ、ジャーキー、スモーク製品を製造し、その品質について検討した。豚モモ肉を原料に同条件で製造した製品を対照として、一般成分(水分、タンパク質、脂質)、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄、銅)および、健康機能を有するアミノ酸(カルノシン、タウリン)について分析を行った。その結果、ソーセージ、ジャーキー、スモーク製品のいずれも、心臓を原料に用いた製品はモモ肉を用いた製品に比べ、タンパク質含量が高く、脂質含量が低い低カロリーの製品となった。また、タウリンや鉄、銅をモモ製品の数倍含有していた。
研究分担食品研究所 食品加工課
予算区分 県単
業績(1)富山県地域資源からのγ‐アミノ酪酸(GABA)高生産乳酸菌の探索分離
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170547
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat