スギ人工林の針広混交林化への管理技術の確立

スギ人工林の針広混交林化への管理技術の確立

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2010
概要目的:成長が悪いなど木材生産に向かないスギ人工林で行われる広葉樹稚樹の成長促進や稚樹の発生を促す施業の効果を検証し、事業を効率的に進める評価検証システムを確立する。 成果:評価検証システムの作成(現地調査結果のデータベース化)とみどりの森再生事業実施地における効果測定調査および群状伐採跡地に植栽された広葉樹の成長を調査した。 風雪被害林整備地については総じて多くの広葉樹が発生しており、針広混交林の成立に期待がもてる。一方、過密林整備地では広葉樹の発生にさらに時間を要すると判断される箇所が多かった。 植栽試験地では苗が十分に活着していないことに加え、さまざまな被害を受けたため、樹高成長が停滞しており、明るさとの関係を解析することはできなかった。今後の成長を引き続き調査するとともに、食害、誤伐被害を軽減するための対策を講じる必要がある。
研究分担森林研究所 森林環境課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170570
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat