2 安全・快適で環境に優しい木造建築物の開発 (1)住宅用制振パネル工法の汎用化技術の開発

2 安全・快適で環境に優しい木造建築物の開発 (1)住宅用制振パネル工法の汎用化技術の開発

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H24
年度2010
概要目的:大地震時でも建物の損傷を最小限に抑え、地震エネルギー吸収能力の高い構造を開発する。 成果:一般的な耐力壁との併用を考慮し、パネル工法と組み合わせた立体ねじれ挙動について振動実験を行った。その結果、建物のねじれは建物の偏心率に応じて耐力を増すねじれ補正係数とよく一致していることから、ねじれ補正係数による設計は妥当であることが分かった。
研究分担木材研究所
予算区分県単
業績(1)鋼材制振ダンパーを用いた木造建築物の限界値と損傷制御(その1)振動台実験と時刻歴応答解析
(2)鋼材制振ダンパーを用いた木造建築物の限界値と損傷制御(その2)主架構における応答予測とダンパー容量の算定法
(3)木造建築物に用いる鋼材制振ダンパーの減衰性能と形状設計
(4)エネルギー吸収能力に優れた耐力壁の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170587
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat