内水面重要魚種資源管理推進調査研究(海産アユの遡上量の予測技術の確立)

内水面重要魚種資源管理推進調査研究(海産アユの遡上量の予測技術の確立)

県名富山県
研究機関名富山県農林水産総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜H26
年度2010
概要目的:海産アユの遡上量の予測については、毎年、漁協や遊漁者、マスコミ等から強い要望がある。平成4年度以降、富山水研では水産庁の委託事業や農林水産研究高度化事業により、富山湾におけるアユ仔稚魚の生態や資源の変動要因を明らかにしてきた。しかし、委託事業の研究期間は3〜5年と短いため、データの蓄積期間が少なく、まだアユの遡上量の予測を行える状況には至っていない。このため、河川からの降下仔魚、海域に生息する仔稚魚および遡上稚魚を採集し、指標と考えられる項目と遡上量のデータを積み重ねることにより、より相関関係の深い要因を明らかにして、アユの遡上量の予測を可能な段階にする。 成果:神通川中流域(河口から約10km)における平成22年のアユの遡上稚魚調査では、稚魚は4月中には採集されず、稚魚が初めて採集されたのは5月11日で、平年より1旬〜2旬遅かった。放流量と漁獲魚に占める海産遡上アユの比率から推定した神通川と庄川の遡上尾数は、それぞれ7,748千尾と4,922千尾であり、平年より少なかった。神通川下流域(6km)と神通川河口海域では、10〜12月に仔魚の出現が確認された。塩分躍層を作出した仔魚の飼育試験では、仔魚の大部分は、日中では、塩分躍層より上側に分布した。海産遡上尾数と、神通川では10月の海水温と、庄川では10月と11月の平均海水温との間に、高い正の相関関係が認められた。
研究分担水産研究所 内水面課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170617
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat