3 果樹の高品質安定生産技術の確立 2)安定生産技術の確立 (3) リンゴの胴さび果発生軽減技術の確立 (1) 薬剤に加用する資材の検討 

3 果樹の高品質安定生産技術の確立 2)安定生産技術の確立 (3) リンゴの胴さび果発生軽減技術の確立 (1) 薬剤に加用する資材の検討 

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜22
年度2010
概要目的:近年、本県では出荷時に秀品にならない見栄えの悪いさび果の発生が増え問題となっている。そこで、さびが出やすい落花15日後の薬剤散布に保護剤を加用し、さび果の発生に及ぼす影響について検討する。また、落花直後と落花15日後の両薬剤散布時に保護剤を加用することによる影響についても検討する。 成果:落花15日後の薬剤散布時にクレフノンやアビオンEを加用すると胴さび果の発生は軽減できた。また、落花直後と落花15日後の両薬剤散布時に加用しても、胴さび果軽減効果は落花15日後のみ加用したものと同程度であった。
研究分担園芸栽培G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170668
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat