7 土壌機能モニタリング調査 3)環境保全型有機質資源施用基準設定調査 (3) レンゲすき込み水田における窒素施肥基準の作成 (2) 現地試験2

7 土壌機能モニタリング調査 3)環境保全型有機質資源施用基準設定調査 (3) レンゲすき込み水田における窒素施肥基準の作成 (2) 現地試験2

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜
年度2010
概要目的:近年の肥料価格高騰対策として、緑肥利用による施肥コスト低減が期待される。レンゲを緑肥として利用する際の適切なすき込み量について検討する。 成果:茎数は緑肥をすき込んだ区で多く推移し、籾数は全ての区で過剰となり緑肥中区、多区で特に多く、倒伏程度は緑肥中区、多区で「多」であった。収量は緑肥少区、中区で慣行区並となったが、緑肥多区でやや減収した。
研究分担生物資源G
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170719
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat