1 奥能登の地域資源・特産品目の栽培技術確立 1)地域の特性を活かした野菜・山菜類の栽培体系の確立 (2) 新規導入品目の栽培法の検討 (3) 商品性向上に向けた栽培法の検討

1 奥能登の地域資源・特産品目の栽培技術確立 1)地域の特性を活かした野菜・山菜類の栽培体系の確立 (2) 新規導入品目の栽培法の検討 (3) 商品性向上に向けた栽培法の検討

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2010
概要目的:能登サカキの栽培化に向けて、商品性の高い小枝を多く出させる剪定方法を確立する。本試験では、自生しているサカキを用いて、剪定後の枝の伸びを調査し、剪定方法確立の基礎資料を得る。 成果:剪定後1ヶ月後の新梢長は100cm区、150cm区で長く、50cm区は短かった。新梢の発生本数も100cm区、150cm区で多く、50cm区で少なかった。以上より、剪定の高さは100cm以上が適すると思われたが、翌春の新梢伸長を含めて継続検討する。
研究分担能登分場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170766
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat