2 能登特産果樹の加工向け生産技術の確立 1)加工向け大果クリの生産安定技術 (1) 選抜育生系統の加工適性解明 (1) むきグリ品質の評価

2 能登特産果樹の加工向け生産技術の確立 1)加工向け大果クリの生産安定技術 (1) 選抜育生系統の加工適性解明 (1) むきグリ品質の評価

県名石川県
研究機関名石川県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:本県では、むきグリ用として大果性のクリが求められている中、果実が「筑波」より大きく、収穫時期が「丹沢」と「筑波」の中間にあたる「能登1」と、果実の大きさ、収穫時期が「筑波」並の「能登2」を選抜したが、2系統共に裂果が多い欠点がある。しかし、加工向け需用が増加してきていることから、むきグリ作業性や加工品等の加工特性を検討し、加工向け品種としての適性を明らかにする。本年度は、これまで原木樹での収量が低いことから若木樹での収量について検討する。 成果:「能登1」の若木は1果重及び2L以上率が高いが、収量性が低く、裂果が多いことから産地への導入は困難と考えられた。また、「能登2」の若木は対照の「筑波」と同等の収量性、1果重及び2L以上率であるが、裂果が「筑波」よりやや多いことから普及性は低いと考えられた。
研究分担能登分場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170771
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat