肥料価格高騰に対応できる土壌養分活用技術の開発

肥料価格高騰に対応できる土壌養分活用技術の開発

県名福井県
研究機関名福井県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要目 的:有機質資材等を活用した施肥体系や除草技術を確立し、環境調和型農業を推進する。、期待される成果:県下全域で活用できる化学肥料、化学合成農薬の使用量を低減した水稲栽培技術(米の特別栽培技術)の確立、最終成果:(平成28年)水稲生産における肥料コスト30%低減、化学合成除草剤使用0%、水稲特別栽培面積 1,000 ha、
研究分担土壌・環境研究グループ
予算区分国庫
業績(1)ラッキョウ栽培における省力機械化体系の開発 
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170867
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat