斑点米カメムシを減らして福井米の評価を上げる畦畔管理技術の開発

斑点米カメムシを減らして福井米の評価を上げる畦畔管理技術の開発

県名福井県
研究機関名福井県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2010
概要目 的:売れる米づくりをめざす生産者を支援するため、秋から春の農閑期の管理作業による新たな斑点米防止技術を確立する。、 期待される成果:周辺雑草地におけるカメムシ類越冬世代生息密度の低減、水稲栽培期間中の薬剤散布回数を慣行より1回削減、 最終成果:斑点米による2等以下格付け割合2.5%以下、
研究分担病理昆虫研究グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030170871
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat