3,核果類における溶液受粉技術の確立 (1)溶液受粉における花粉の効率的利用方法の開発

3,核果類における溶液受粉技術の確立 (1)溶液受粉における花粉の効率的利用方法の開発

県名山梨県
研究機関名山梨県果樹試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継(H21)〜(H23)
年度2010
概要(1)溶液受粉における花粉の効率的利用方法の開発 1)溶液組成が結実率に及ぼす影響 これまでに検討した溶液組成の実用性や、花粉濃度(0.5〜2%)と結実率との関係を圃場で調査した。モモでは花粉1%の溶液を用いると、慣行を上回る15〜20%の結実が得られた。スモモでは界面活性剤を添加した花粉2%溶液を用いると慣行区と同等な結実率となった。オウトウの溶液受粉区では殆ど結実が得られず、年次変動が大きかった。 2)花粉の順化条件が結実に及ぼす影響  スモモ、オウトウの貯蔵花粉を90%程度の多湿条件で順化すると高い発芽率が得られた。多湿条件で順化した花粉を人工受粉に用いると、慣行法に比べて結実が向上した。 3)受粉環境が結実および花粉管伸長に及ぼす影響  早朝(6時)、慣行(10時)、午後(14時)、夕方(17時)に受粉を行い、結実や花粉管伸長に及ぼす影響を調査した。スモモでは慣行が最も結実良好となったが、その他の時刻でも極端な差はなかった。これには花粉管の伸長開始が遅いことが関係すると考えられた。オウトウでは夕方と早朝に受粉した区で結実が大幅に劣った。早朝の低温時には花粉管の初期伸長が劣ること、伸長初期の低温遭遇により何らかの異常が生じるためと考えられた。
研究分担落葉果樹栽培科
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171000
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat