普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (2)水田環境保全のための総合病害虫管理技術3)土壌改良資材による割れ籾発生抑制技術の開発

普通作物の病害虫に関する素材開発研究 (2)水田環境保全のための総合病害虫管理技術3)土壌改良資材による割れ籾発生抑制技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2010
概要目的:斑点米発生を助長する要因である割れ籾発生を抑制するため、ケイ酸資材施用の効果を検討する。 成果:出穂25日前にケイ酸資材30kg/10aを施用した場合に割れ籾発生が軽減された。
研究分担環境部
予算区分都道府県単
業績(1)水稲のカメムシ類に対する水面施用剤の防除効果と湛水深
(2)長野県における新たな葉いもちの発生予察法の開発およびその普及状況と効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171151
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat