寒冷地南部及び温暖地北部向け高品質、病虫害複合抵抗性大豆の育成

寒冷地南部及び温暖地北部向け高品質、病虫害複合抵抗性大豆の育成

県名長野県
研究機関名長野県野菜花き試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H18-22
年度2010
概要目的:大豆生産の向上を図るため、機械化適性、耐病虫性、加工適性等の諸特性を備えた良質多収の銘柄品種を育成する。 交雑育種法を主体とし、集団選抜、系統選抜を経て生産力検定、特性検定、地域適応性検定を行う。豆腐用には、高蛋白質・良食味でウイルス病抵抗性品種を育成する。 成果:新品種育成を目的に24組合せの交配を行った。集団選抜・系統選抜により優良系統を選抜した。ダイズモザイク病抵抗性の極大粒黒大豆系統「東山黒215号」が県内及び新潟県において有望視された。高蛋白質でダイズモザイク病抵抗性系統「東山217号」が県内と北陸で、「東山214号」が県内と山梨県、「東山220号」が福島県及び秋田県で有望視された。高11S蛋白質でダイズモザイク病抵抗性の新地方名系統「東山225号」、「東山224号」を育成した。
研究分担畑作育種部
予算区分指定
業績(1)大豆新品種「東山213号」の育成
(2)ダイズ貯蔵蛋白質グリシニンの組成会見育種に関する研究
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171217
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat