乳牛に関する素材開発研究 (4)乳牛における情報活用技術

乳牛に関する素材開発研究 (4)乳牛における情報活用技術

県名長野県
研究機関名長野県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜24
年度2010
概要目的:牛群検定成績は解りづらく県内酪農家は十分に活用できていない。そこで、飼養管理の改善に役立つよう、飼養体系を考慮し、見やすく解りやすい検定成績加工情報の開発をおこなう。 成果:平成21年度に開発した「乳房炎の推定感染率の推移」の加工情報に加え、「平均日乳量と平均搾乳日数の推移」、「月毎の分娩頭数の推移」及び「産次別の経産牛頭数の推移」の過去3年間の推移を同一紙面上に示した。この情報を活用することで、個々の牛群問題点を概ね推察できる。
研究分担酪農肉用牛部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171235
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat