病害虫及び土壌肥料に関する素材開発研究 1.病害虫の発生予察と防除技術 (1)ナシ・カキの減農薬防除体系の確立 (2)ナシマダラメイガの発生生態の解明 (終)白紋羽病管理技術の確立

病害虫及び土壌肥料に関する素材開発研究 1.病害虫の発生予察と防除技術 (1)ナシ・カキの減農薬防除体系の確立 (2)ナシマダラメイガの発生生態の解明 (終)白紋羽病管理技術の確立

県名長野県
研究機関名長野県南信農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20 〜24
年度2010
概要目的:赤ナシにおける減農薬防除体系の確立を目指し、感染予測に基づいた防除体系の実用性を評価する。また、カキの主要病害であるカキ円星落葉病の効率的な防除方法を検討する。ナシマダラメイガのフェロモントラップの利用方法を確立し、誘殺消長と羽化消長の関係を解明する。防除技術と診断技術を開発し、総合的な白紋羽病管理技術を確立する。温水処理の白紋羽病に対する長期的な評価を行う。 成果:本年新たに実施した試験方法では、感染日を特定することができなかった。予測に従った防除によって散布回数削減の可能性は認められた。ジフェノコナゾール水和剤の病斑形成阻止効果は、感染後20日後まで認められた。他剤では、昨年効果の認められたクレソキチムメチル剤は本年の試験では効果不十分であった。一方、マンゼブ・ミクロブタニル水和剤は高い病斑形成阻止効果が認められた。フェロモントラップの性誘引源(0.1mg含浸)による雄成虫の誘殺消長と、終齢幼虫・蛹採集後の飼育羽化法による雄成虫の羽化消長を調査した。越冬世代では、誘殺期間と羽化期間はほぼ同じで、50%羽化日は50%誘殺日に比べやや早かったが、飼育羽化数が少なかったため明らかな結果は得られなかった。第1世代でも、羽化期間と誘殺期間はほぼ同じであった。50%羽化日は50%誘殺日に比べ2〜4日ほど早かった。処理4年経過後再発樹は1樹増加し、処理11樹中7樹となった。また、再発樹中衰弱の激しい1樹に対し再処理を実施したが、菌糸は死滅したものの、樹勢回復することなく枯死した。
研究分担栽培部
予算区分都道府県単
業績(1)ニホンナシにおける重要糸状菌病害の生態と防除に関する研究
(2)Erythricium salmonicolor によるナシおよびセイヨウナシ赤衣病(新称)の発生
(3)カキ円星落葉病の主要感染時期と散布時期別のジフェノコナゾール顆粒水和剤の防除効果
(4)長野県におけるキュウリ褐斑病菌の数種薬剤に対する感受性
(5)長野県南信地域におけるナモグリバエの寄生蜂相 第2報
(6)長野県内の高標高地におけるナモグリバエの寄生蜂相
(7)リンゴコカクモンハマキ発生予察用性誘引剤の誘引力
(8)リン酸蓄積圃場におけるキュウリのリン酸施肥量削減のための診断基準の検討
(9)新たな果樹害虫としてのヒメボクトウ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171289
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat