内部割れの少ない乾燥技術の開発

内部割れの少ない乾燥技術の開発

県名長野県
研究機関名長野県林業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21-23
年度2010
概要近年、高温乾燥技術の普及により、心持ち無背割り材について、材面割れを少なく乾燥することが可能になっている。これまで、様々な方法で最適とされる乾燥スケジュールが提案されているが、樹種や処理条件によっては内部割れが発生する場合がある。この内部割れは表面からは見えないため、強度面で不安を抱く人も少なくない。、本研究では、内部割れに対する不安を解消し、強度的に安全で安心して使用できる乾燥材の生産技術の開発を目標とする。
研究分担木材部
予算区分受託
業績(1)能登ヒバ高温乾燥材のねじれと含水率分布の経時変化
(2)能登ヒバにおける乾燥条件と内部割れの関係
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171343
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat