低段トマトにおける房採り収穫による省力・多収生産システムの開発

低段トマトにおける房採り収穫による省力・多収生産システムの開発

県名三重県
研究機関名三重県農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜23
年度2010
概要施設トマトを対象に生産施設の建設及び環境制御の効率化技術を開発するとともに、ロボット技術を導入して、労働時間の徹底的な削減と大幅な収量向上により、生産コストの大幅な低減を目指す。本研究では房採り収穫に適した品種の選定と生産の体系化を検討する。
研究分担園芸
予算区分受託(農水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171604
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat