自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発、稲・麦WCS、飼料用米等を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発、

自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発、稲・麦WCS、飼料用米等を活用した発酵TMRによる牛乳の生産技術開発、

県名三重県
研究機関名三重県畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜26
年度2010
概要稲発酵粗飼料、麦WCSおよび飼料用米の利用率を一層高め、水田の高度利用により生産された自給飼料を活用して、生乳の高付加価値化を目指した自給飼料多用発酵TMRの乳牛飼養技術を開発する。特に、分娩前後の乳牛に対する稲発酵粗飼料を粗飼料の主体とし飼料用米をトウモロコシや大麦と全量代替した自給飼料多用発酵TMRの給与が、泌乳前期の乳生産に及ぼす影響を明らかにする。
研究分担大家畜研究課
予算区分受託
業績(1)トウモロキシと大麦を飼料用籾米に代替した発酵TMRの給与が泌乳前期の乳生産に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171639
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat