アサリ等二枚貝の資源量増大対策

アサリ等二枚貝の資源量増大対策

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間止H19〜22
年度2010
概要【目的】伊勢湾有数の貝類漁場である木曽三川河口域を例に、貧酸素水塊の波及機構とそれに対応する二枚貝類の生理的変化、生残状況を調査し、被害軽減策を検討する。 【得られた成果】桑名市地先と伊勢市地先の二枚貝類漁場に溶存酸素濃度計を設置し溶存酸素濃度の変化を調査したところ、小潮時・夜間に溶存酸素濃度が低下することが分った。  アサリの殻長別の貧酸素耐性を調査したところ、サイズが大きいほど酸素欠乏に弱いこと、硫化水素を添加すると2日間程度で斃死することが分った。
研究分担鈴鹿水産研究室
予算区分県単
業績(1)桑名のハマグリの再生と湾奥の重要性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171684
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat