漁場生産力の有効活用によるアサリ母貝場造成および新規創出技術開発

漁場生産力の有効活用によるアサリ母貝場造成および新規創出技術開発

県名三重県
研究機関名三重県水産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H22〜24
年度2010
概要【目的】 アサリの漁場とアサリが生息していない場所での飼育試験と環境モニタリングを実施し、アサリの成熟・産卵に適した環境条件の検証を実施する。 【得られた成果】1年間のサンプリングにより、二見地区で採取したアサリの成熟状況を把握することができた。また、飼育試験の結果より、現在アサリが生息していない場所にアサリを移動させても、成熟し、産卵が可能であることが明らかとなった。
研究分担鈴鹿水産研究室
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171687
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat