乳酸菌を用いた次世代型微生物農薬の開発

乳酸菌を用いた次世代型微生物農薬の開発

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター生物資源研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:乳酸菌を用いて植物病害を防除する技術を開発する。 成果:ハクサイ軟腐病を防除するLactobacillus plantarum SOK04BY製剤の防除スペクトラムを、圃場試験により検討した。SOK04BY製剤は、タマネギ、レタス、キャベツ、バレイショ、ダイコン及びトマトの軟腐病を防除することが明らかになった。また、軟腐病以外の病害について、トマトかいよう病、ブロッコリー黒腐病、トウガラシ疫病及びイネいもち病に対する防除効果を認めた。
研究分担応用研究
予算区分府単
業績(1)消費者が安心と感じ受け入れやすい「乳酸菌農薬」の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171791
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat