生育診断技術に基づく丹後コシヒカリの良食味栽培技術

生育診断技術に基づく丹後コシヒカリの良食味栽培技術

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター農林センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:丹後産コシヒカリの良食味米生産のための理想生育相の解明と、理想生育相を実現するための生育診断及び栽培技術を確立する。 成果:白米タンパク質含有率6.5%未満とし収量・品質を兼ね備えた良食味米を実現するためには、生育量(草丈×m2当茎数×SPAD値/10,000)100前後では第1回目穂肥窒素量を1kg/10a、生育量が120以上では無施用とし、m2籾数が3万粒を超えることのないように管理する必要がある。
研究分担丹後特産部
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171842
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat