チャの新害虫ミカントゲコナジラミの発生密度に対応した戦略的防除技術体系の確立

チャの新害虫ミカントゲコナジラミの発生密度に対応した戦略的防除技術体系の確立

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター農林センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要目的:ミカントゲコナジラミ(チャ系統)(以下、ミカントゲ)に対し、密度抑制効果が高く、天敵類の活動への悪影響が少ない物理的防除法を開発する。さらに、せん枝による微小環境の変化がミカントゲおよび天敵の活動に及ぼす影響を調査する。計画:弧状仕立て茶園の各部位におけるミカントゲ幼虫の寄生密度を明らかにする。すそ刈りにより農薬による防除効果を確認する。また、天敵の寄生部位を明らかにする。成果:うねの各部位におけるミカントゲの卵および幼虫寄生数の推移は部位により差が見られた。すそ刈りによるミカントゲの物理的防除効果は高く、すそ刈りにより農薬による防除効果が高まる可能性が示唆された。天敵は葉層内で多く、裾部及び幹部では少なかった。
研究分担宇治茶部
予算区分受託(国)
業績(1)チャのミカントゲコナジラミ越冬世代幼虫に対するマシン油乳剤散布による防除効果
(2)チャ寄生性ミカントゲコナジラミはカンキツを利用しない
(3) Proposal of new specific status for tea-infesting populations of the nominal citrus spinywhitefly Aleurocanthus spiniferus (Homoptera: Aleyrodidae)
(4)Integrated pest management (IPM) for Aleurocanthus spiniferus (Quaintance) (Homoptera) using natural enemies in tea fields.
(5)ドライフィルム法によるミカントゲコナジラミ(チャ系統)の捕食寄生蜂シルベストリコバチに対する各種農薬の影響の評価
(6)天敵を利用したミカントゲコナジラミ(チャ系統)の総合防除
(7)発育速度と産卵数に基づくミカントゲコナジラミ(チャ系統)のフェノロジーの推定
(8)ミカントゲコナジラミ(チャ系統)から分離されたPaecilomyces cinnamomeus
(9)チャトゲコナジラミとミカントゲコナジラミは同胞種かバイオタイプか
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171852
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat