資源生態に関する研究 (1)我が国周辺漁業資源調査(資源評価調査)

資源生態に関する研究 (1)我が国周辺漁業資源調査(資源評価調査)

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター海洋センター
課題種別試験研究課題
研究期間H20〜
年度2010
概要○目的 200カイリ水域内漁業資源を高度利用するために必要な資料を収集整理する。 ○計画 水揚港別魚種別漁業種類別銘柄別漁獲量を収集整理するとともにイワシ類、ブリ類、ズワイガニ等を対象に市場調査と精密測定調査等を実施する。また、調査船により海洋観測及び卵稚仔分布調査及を実施する。調査船による試験操業、海洋観測等。魚種別漁業種類別の漁獲統計の整理、魚体測定及び精密測定等。 ○期待される効果 これらの調査資料により、200カイリ水域内漁業資源の状態を評価して、資源を高度利用することができる。対象資源の資源生態に関するデータを収集、整理、解析することにより、資源生態の解明と生物学的漁獲可能量(ABC)の算定が可能となる。 ○得られた成果 主要魚種の季節的な成長、成熟状況及び漁獲状況、更に卵稚仔分布状況等を把握することによりこれらの魚種の資源評価を行い、資源の高度利用に寄与することができた。府沖合漁場におけるズワイガニ等の資源状況を把握することができた。得られたデータ等をもとに、資源評価が行われ、ABCが算定されている。 ○残された問題点 海洋観測、市場調査等の充実を図る必要がある。資源評価の精度向上及び資源回復計画の効果把握等。
研究分担海洋調査部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171882
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat