種苗生産技術及び養殖管理技術に関する研究 (1)魚介類の種苗生産及び養殖技術に関する研究

種苗生産技術及び養殖管理技術に関する研究 (1)魚介類の種苗生産及び養殖技術に関する研究

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター海洋センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H22〜24)
年度2010
概要○目的 トリガイ養殖用種苗の生産・配布を行う。養殖用トリガイの優良品種の作出方法を検討する。また、養殖用イワガキ種苗の量産技術および内湾域における養殖技術を改良、改善する。 ○計画 トリガイ養殖用種苗の量産を行う。選抜育種と交雑育種により養殖用トリガイの優良種苗を作出する。イワガキの効率的な(人工及び天然)採苗技術、養殖技術を開発する。 ○期待される効果 環境にやさしい二枚貝養殖を推進し、主として内湾域の漁業振興を図る。 ○得られた成果 トリガイ養殖用種苗38万個を生産・配布した。トリガイ系統識別技術開発の基礎データ収集のため、トリガイのミトコンドリアDNAの全塩基配列およびその特徴を明らかにした。イワガキ種苗の量産に向け、人工種苗生産技術開発試験を実施し、人工及び天然種苗合わせて1万枚の採苗器(イワガキ種苗)を生産・配付した。 ○成果の受け渡し先 養殖業者 ○残された問題点 トリガイ優良品種の確立と系統識別技術の開発。イワガキの種苗量産技術の確立、天然採苗技術の実用化。
研究分担海洋生物部
予算区分府単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171888
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat