淀川における外来水生生物の生態調査研究

淀川における外来水生生物の生態調査研究

県名大阪府
研究機関名大阪府環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜
年度2010
概要淀川ではオオクチバス、ブル−ギル等の外来魚が増加し、在来水生生物への悪影響が懸念されている。このため、地曳網等を利用して駆除を実施し、その効果を判定する。また、アゾラ等の外来水生植物の増殖特性等を調査するとともに、ボタンウキクサ等浮漂植物の早期摘み取り等の駆除を実施し、その効果を判定する。また、アマゾントチカガミ等新たに生育が確認された種の動向を調査する。
研究分担水産研究部・内水面調査G
予算区分 国費
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030171933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat