キクにおけるイオンビーム誘発変異の早期固定化による新品種育成

キクにおけるイオンビーム誘発変異の早期固定化による新品種育成

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2010
概要目的:イオンビームにより誘発した花弁の微少な変異部分から、再分化個体を育成する技術を確立し、花色変異を主とした兵庫県および地域オリジナル品種を作出する。 成果:部分変異の花弁培養を混合培地で一括処理が可能であり、これにより花弁培養にかかる労力を省力化できた。キク6品種6系統の挿し穂へのイオンビーム照射により6品種3系統から花色変異が得られた。7品種11種類の花色変異体から花弁培養を行い、現在までに5品種7種類の変異から再分化個体を作出した。6品種7種類の花色変異体で安定性の確認を行い、そのうち3品種3種類で選抜を行った。
研究分担農産園芸部
予算区分県単
業績(1)イオンビームを利用したハボタンの突然変異誘発効果について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172035
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat