乳牛の分娩後疾病予防法と健康モニタリング技術の開発

乳牛の分娩後疾病予防法と健康モニタリング技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継 H21〜23
年度2010
概要目的:分娩後疾病の発生を低減するため、酪農家が取り組みやすい予防法と日常的に健康状態をモニタリングできる技術を開発する。 成果:無線伝送式pHセンサーを第一胃内に留置することにより第一胃液pHの経時変化をモニタリングすることができた。プロピオン酸菌製剤の投与により分娩後の第一胃機能、ボディコンディション、Ca及び蛋白質代謝の向上が示唆された。
研究分担淡路農技畜産
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172139
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat