海水温上昇に伴う水産業への影響評価並びに適応策の検討

海水温上昇に伴う水産業への影響評価並びに適応策の検討

県名和歌山県
研究機関名和歌山県農林水産総合技術センタ−水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要目的:海水温上昇に対応した水産業の将来予測や藻場造成技術の開発を行う。、成果:浅海域の動植物調査により、串本町田原におけるカジメ類の衰退を確認した。また、過去からの水温データを詳細に整理した結果、本県南西沿岸にて表層水温の上昇傾向が特に著しいことが判明した。このことによる漁業への影響を明らかにするため、旧南部町漁協にて集計された漁獲量情報を整理中である。、 簡易的藻場診断方法開発により、水温別にカジメを飼育して高水温で表現するタンパク質を把握した。
研究分担企画情報部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172263
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat