粗飼料増産のための優良品種選定試験

粗飼料増産のための優良品種選定試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間(H14)〜
年度2010
概要目的:自給粗飼料増産を図るため、どの品種が鳥取県の気候に最も適し、安定した収量が期待できるか試験栽培し、農家が品種選定する際の基礎資料とする。成果:平成22年度に試験栽培が終了したのは、飼料用トウモロコシでは「31P41}、「32F27」の2品種であり、これら2品種は全てTDN収量が標準品種(セシリア、P3470)を上回る結果となった。イタリアンライグラスでは、「優春」「あかつき}「さつきばれ」の3品種が試験終了し、1・2番草の合計乾物収量は「あかつき」が標準品種(ニオウダチ)を上得回る結果となった。
研究分担酪農・飼料研究室
予算区分県単
業績(1)飼料作物奨励品種選定試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat