自給飼料生産拡大試験

自給飼料生産拡大試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完(H20)〜(H22)
年度2010
概要目的:酪農家の生産コスト低減のために、自給粗飼料の多給技術および良質サイレージ生産技術を確立する。成果:(1)トウモロコシサイレージの乾物割合が40%(超多給)の低コストTMRを搾乳牛に給与しても、健康状態を良好に保つことが可能であった。更に、TMR中の粗飼料を全て自給粗飼料(コーン+ライ麦)で調整し、泌乳量を若干低く設定して給与した結果、購入粗飼料を使用した場合よりも収益性が向上し、繁殖成績も改善した。 (2)トウモロコシの2期作栽培は、収量とサイレージの醗酵品質に難点があり、普及には解決する問題点が多い。
研究分担酪農・飼料研究室
予算区分県単
業績(1)自給粗飼料増産のためのトウモロコシサイレージ多給実証試験
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172326
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat