ナシ優良早生品種の盆前出荷技術の確立2 高品質果実早期出荷技術の確立

ナシ優良早生品種の盆前出荷技術の確立2 高品質果実早期出荷技術の確立

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜26
年度2010
概要鳥取大学で育成された早生有望新品種‘早優利’の高接ぎ後の生育特性を明らかにし、早期の品種更新が可能であるか検討した。高接ぎ方法は、主枝へは剥ぎ接ぎの1芽腹接ぎ、予備枝へは1芽合わせ接ぎとし、旧品種の生産も継続する順次更新とした。高接ぎ時期は、樹皮の剥皮が容易となった4月上旬とした。その結果、'早優利'の高接ぎ後の新梢伸長は、予備枝の合わせ接ぎで94cm、主枝の剥ぎ接ぎで123cmであり、速やかな品種更新のために十分な伸長量であると考えられた。
研究分担栽培研究部 果樹グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172383
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat