集落営農における組織間連携・再編方式と作業再委託・分配方式の解明  2.集落営農における作業再委託方式と収益分配方式の解明

集落営農における組織間連携・再編方式と作業再委託・分配方式の解明  2.集落営農における作業再委託方式と収益分配方式の解明

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要 地域貢献度の高い集落営農型法人15事例を対象に、畦畔除草困難水田における作業再委託方式の実態調査を行い、管理水田割当による管理手当支給方式、時間給による対応可能者出役方式、管理水田割当での管理手当・時間給併用方式、特定グループへの時間給支給方式、ブロック別割当の2地域居住者活用方式などへの類型化を行った。また、経営発展型の集落営農型法人3事例における露地野菜や施設園芸など経営多角化部門の生産・収穫・調製・出荷方式の特徴を明らかにし、露地野菜部門での売上高と労務費のデータをもとに収益分配方式の現状について検討し、売上高に対する労務費割合を概ね40%以内に抑えれば、収支均衡が見込まれる結果となった。
研究分担総務企画部 企画調整スタッフ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172406
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat