施設園芸における島根型燃料節減技術の確立 3 局所加温の実用化

施設園芸における島根型燃料節減技術の確立 3 局所加温の実用化

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2010
概要 イチゴの局所加温方法について、電熱線による局所加温温度と夜間の室内最低温度との関係を調査した。その結果、生育および受粉そう果率から考慮すると、クラウン温度を20℃、夜間の最低気温を6℃に設置することが最も適していた。この場合、慣行栽培(夜間8℃、培地加温15℃)と同様な生育を示すことが明らかとなった。
研究分担栽培研究部 野菜グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172412
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat