環境にやさしい土壌管理対策の確立

環境にやさしい土壌管理対策の確立

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜24
年度2010
概要 おもに有機栽培やエコロジー栽培が行われている県内の圃場52地点において、温室効果ガスの吸収源としての土壌炭素貯留量を調査した。地目別の地点数は水田30点、施設、露地野菜11点、普通畑1点、樹園地8点、草地2点であり、調査地点の深さ30cmまでの土壌炭素貯留量の平均値は施設・普通畑が69トン/ha、水田が63トン/ha、草地が57トン/ha、樹園地が54トン/haであった。
研究分担資源環境部 土壌環境グループ
予算区分受託 (国庫)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172430
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat