地域内自給粗飼料を活用した乳牛低コスト飼養管理技術の確立

地域内自給粗飼料を活用した乳牛低コスト飼養管理技術の確立

県名島根県
研究機関名島根県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2010
概要目的:低利用資源の稲わら、転作田等で生産される長大作物等地域内自給飼料の有効活用方法を検討し、飼料価格高騰に対応する生産コストの低減方法を検討する。成果:稲わらサイレージをTMRに原物当たり15%混合調製し、給与しても生乳生産に与える明確な影響は認められなかった。しかし、稲わらサイレージを給与した区では、慣行区に比較して乾物摂取量、乳量および乳中尿素態窒素が低くなる傾向が見られたことから、稲わらサイレージの長期給与による生乳生産に与える影響を検討する必要があると考えられた。
研究分担酪農・環境グループ
予算区分県単
業績(1)焼酎粕を用いた発酵TMRの発酵品質と生乳生産性の検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172452
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat