集落をサルの餌場にしない取り組みと地域一体となった被害対策の実証モデルの検証

集落をサルの餌場にしない取り組みと地域一体となった被害対策の実証モデルの検証

県名島根県
研究機関名島根県中山間地域研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜24
年度2010
概要目的:「鳥獣被害緊急対策モデル事業」によって、地域住民が一体となったサルの被害対策の効果検証と効果的な技術手法を確立する。  計画:(1)サルが出没しにくい集落の環境整備の調査、(2)集落の土地利用と森林環境の調査、 (3)追い払いによる効果検証、(4)侵入防止策の効果実証試験 期待される成果:(1)効果的な技術手法の確立 
研究分担鳥獣対策グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat