ナス新台木系統の栽培技術の確立

ナス新台木系統の栽培技術の確立

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継(H22〜H24)
年度2010
概要 野菜茶業研究所及び岡山農研で、土壌病害に対して高度抵抗性を有し、接ぎ木親和性の高いナス用台木系統が育成された。そこで、これらの系統の栽培特性を明らかにし、本県産地への導入を図る。 1.管理温度の把握  野菜茶業研究所育成の「ナス安濃6号」及び岡山農研育成の「ト−9」を台木、「千両」を穂木とし、促成栽培における管理温度(加温開始温度:10℃、13℃、15−13℃(6〜22時:15℃、22〜6時:13℃))が収量に及ぼす影響について検討した。 その結果、「ナス安濃6号」は10℃加温、「ト−9」は10〜13℃加温で収量が最も多かった。特に、「ト−9」は10〜13℃加温でも慣行栽培(15−13℃加温)の「台太郎」とほぼ同等の収量を得ることができ、「台太郎」よりも低温条件下での栽培に適している可能性があると考えられた。
研究分担野菜・花
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172562
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat