ICTを活用した放牧牛遠隔管理システムの構築(遠隔監視安心システムによる牛体評価のスコア化技術の開発)

ICTを活用した放牧牛遠隔管理システムの構築(遠隔監視安心システムによる牛体評価のスコア化技術の開発)

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24
年度2010
概要和牛の放牧は、耕作放棄地や里山等を有効に活用することが可能で、環境の維持にも効果を発揮する。更なる和牛放牧の推進を図るため、IT技術を活用して、放牧牛の健康状態の確認、集畜、給餌、自動捕獲などが可能なシステムを構築した。研究所場内放牧場の避難舎に連動スタンチョンを設置し、遠隔操作給餌機、スタンチョン自動ロック解除システム、音響集畜装置、観察用インターネットカメラ等を整備した。パソコンからの遠隔操作を行い、集畜、給餌、連動スタンチョンでの捕獲及び解放ができることを確認した。
研究分担飼養技術研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172603
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat