家畜ふん尿処理過程における温室効果ガス削減技術の開発

家畜ふん尿処理過程における温室効果ガス削減技術の開発

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター畜産研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H23〜25
年度2010
概要温室効果ガス削減については、地球規模の課題となっており、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第4次報告(2007)において、地球温暖化は、生態系等農林水産業や食糧問題にも大きな影響を及ぼすことが予測されている。しかしながら、畜産経営に起因する温室効果ガスの測定は十分行われていないため正確な排出量が把握されておらず、早急なデータ収集と対策が求められている。特に、一酸化二窒素、メタン等の温室効果ガスは地球温暖化に大きな影響を及ぼすが、畜産の生産現場では測定例が少なく、ガス排出量の実態やその対策はほとんど行われていない。そこで、国や他県と協力し、家畜ふん尿処理過程からの温室効果ガス等の排出要因を分析した上で、その抑制技術を開発する。
研究分担経営技術研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172609
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat