沿岸育成場を利用したキジハタ・オニオコゼの資源増殖技術開発(オニオコゼ)

沿岸育成場を利用したキジハタ・オニオコゼの資源増殖技術開発(オニオコゼ)

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜24
年度2010
概要目的:オニオコゼの放流適地を把握し,沿岸育成場の増殖効果を定量評価する。   成果:砂泥域とアマモ場にオニオコゼ種苗を放流し,その後の移動,分散状況を観察した結果,後者の方が早く分散することが分かった。また,放流点周辺で前年度放流魚が再捕され,1年間は滞留することが分かった。
研究分担資源増殖室
予算区分受託(農水省)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172621
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat