包括的資源管理型漁業推進事業

包括的資源管理型漁業推進事業

県名岡山県
研究機関名岡山県農林水産総合センター森林研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜
年度2010
概要目的:量的資源管理に加え,コストや質的な管理についても検討し,特定の魚種に限定しない包括的な資源管理漁業を推進する。本年度は底びき網漁業の重要対象種であるウシノシタ類の資源特性について検討した。 成果:県東部の牛窓地先におけるウシノシタ類の産卵時期は,生殖腺熟度指数の変化からコウライアカシタビラメが3〜4月,イヌノシタが6〜7月,アカシタビラメが7〜9月と推定された。コウライアカシタビラメ及びイヌノシタでは,雌雄に成長差が認められた。
研究分担開発利用室
予算区分国庫補助(水産庁)
業績(1)岡山県海域で小型底びき網により漁獲されるウシノシタ類の全長と体高に基づく網目選択の推定効果
(2)岡山県沿岸域の小型定置網漁業におけるサワラ幼魚の混獲
(3)岡山県沿岸域におけるガザミ漁獲量の変動とその要因
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172626
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat