イチジク'蓬莱柿'の安定生産を実現する株枯病の画期的防除技術の開発

イチジク'蓬莱柿'の安定生産を実現する株枯病の画期的防除技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要 株枯病菌による土壌汚染の有無について,現地で簡易に診断できる枝挿し法を検討した。イチジク'蓬莱柿'の前年枝を採取して長さ30cm程度に切断し,調査する土壌へ約25cm挿し込み,1〜2週間後に回収する。回収した枝を25℃前後の多湿条件に置き,約10日後に本病原菌に特徴的な子のう胞子殻(髪の毛状の突起)が枝に生じるかどうかを調査することで,土壌の汚染状況を診断することが可能になった。  幼苗簡易検定法によりイチジクとイヌビワの交雑個体に対する接種選抜試験を実施し,交雑体BN5および交雑体BN7を選抜した。この交雑体は,イヌビワと同等の高い抵抗性を有し,イヌビワ以上のイチジクとの接木親和性を併せ持つことを明らかにした。今後の課題として,交雑体の生長力を向上させる必要性を確認した。
研究分担果樹
予算区分県単
業績(1)イチジクの枝を用いた株枯病汚染土壌の簡易診断法.
(2)イチジク株枯病汚染圃場で作業した道具の殺菌方法,
(3)イチジク株枯病の抵抗性を簡易に推定する方法の改良
(4)イチジク幼苗への有傷接種方法の違いがイチジク株枯病の病徴進展に及ぼす影響
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172683
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat