濃厚飼料価格高騰に対する自給粗飼料多収・多給技術の開発

濃厚飼料価格高騰に対する自給粗飼料多収・多給技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜24
年度2010
概要目的:従来の飼料イネよりも茎葉の糖含量が高い特性を持つ品種を用いて,遅刈収穫による低カロテン化および多肥による多収栽培技術を確立する。本年度は,極晩生品種「FN1」を不稔化する際の多収栽培条件を明らかにするため,施肥,移植時期および栽植密度について検討した。成果:1.堆肥連用試験 H22年度の地際刈り乾物収量は日照不足により不作となったH21年度よりも向上し,施肥量がN14kg/10a以上の区で1.2t/10a以上の収量が得られた。2.施肥量試験 いずれの圃場においても,標肥区と多肥区の間で草丈,茎数および地際刈り乾物収量に差は見られず,多肥は収量増加に寄与しなかった。3.移植時期および栽植密度試験 早植え・疎植区の地際刈り乾物収量は1212kg/10aで,早植え・慣行区および通常植えの両区よりもやや多かった。このことから,早植え・疎植条件で増収する可能性が示唆された。一方,場内で行った予備試験では6/15移植株のみ稔実したため(7/1移植株は不稔),6/23を基点とした7日以上の早植えは倒伏の危険性が高まると考えられた。なお,収穫直前に強い風雨があり,立地的に風が当たりやすい圃場で倒伏したが,地上40〜50cm付近での挫折倒伏だったため,土の付着もなく,収穫作業にほとんど影響はなかった。
研究分担飼養技術研究部
予算区分県単
業績(1)飼料イネWCSを用いた乳牛用TMRの調製
(2)飼料イネWCSを用いた乳牛用TMRの給与
(3)育成牛・乾乳牛への飼料イネWCS給与
(4)畜種ごとにみた飼料イネ(WCS)の給与方法について
(5)肥育牛用に栽培・調製した飼料イネサイレージの評価
(6)飼料イネWCSの飼料価値と乳・肉用牛への給与について
(7)飼料イネWCSの飼料価値と乳・肉用牛への給与について
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172711
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat