木材の不燃化等高機能化技術の開発

木材の不燃化等高機能化技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24
年度2010
概要[目的]  スギ材,ヒノキ材等に複合難燃薬剤を減圧加圧注入し,難燃材料,準不燃材料,不燃材料の三つの区分がある防火材料の作成技術を開発する。 [全体計画] (1)薬剤の選定,複合 (2)減圧加圧注入,ドリルインサイジング処理 (3)木材の表面/内部観察 (4)薬剤の多機能化の検討 [研究の内容及び成果] (1)リン酸系,ホウ酸系,ケイ酸系薬剤の比較を100〜150kg/m3の難燃剤含量の範囲で行うと,リン酸系薬剤の総発熱量が最も低く,次いてホウ酸系薬剤の総発熱量が低かった。 (2)ドリルインサイジング処理と言われる処理法を用いて実験を行った結果,短い加圧時間での薬剤注入量が増加することが確認された。 (3)木材の表面ではリン酸系薬剤の結晶が析出している様子が観察された。また,内部観察では仮道管の中にリン酸系薬剤が多く存在していることが確認できた。 (4)今回用いた複合薬剤では,大きな防腐効果は見られなかった。
研究分担林業研究部
予算区分県単
業績(1)木材の薬剤注入性とコーンカロリーメータ試験機を用いた発熱性試験
(2)減圧加圧注入法及びゾルゲル法を用いた木質防火材料の開発
(3)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172729
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat