ブナ科樹木萎凋病の被害分布調査

ブナ科樹木萎凋病の被害分布調査

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要[目的]  ブナ科樹木萎凋病(ナラ枯れ)は2006年に北広島町(旧芸北町)西八幡原で,本県では初めて被害が確認された。2008年になり北広島町,安芸太田町などで被害地域が拡大する傾向が確認されたことから,被害分布の把握を目的として調査を行う。 [研究の内容及び結果]  2009年に枯損被害が確認された地域の周辺で,2010年8〜10月に自動車道路を走行して枯死木を目視で探査し,枯死木の位置を把握した。広島森林管理署,広島県北部農林水産事務所・西部農林水産事務所の情報をあわせて,基準地域メッシュごとの枯損情報のとりまとめを行った。
研究分担林業研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172733
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat