ハウススダチの根域環境および地上部管理改善による生産性の向上

ハウススダチの根域環境および地上部管理改善による生産性の向上

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター果樹研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H20〜22
年度2010
概要目的:ハウススダチは暖房にかかる経費が高い上に、収量が不安定である。安定生産のためのハウススダチの地下部の管理技術を確立する。 方法:有機物資材投入や土壌潅注処理による改善効果、剪定程度の違いによる影響等について調査する。  得られた成果:ミミズ糞堆肥施用で地上部の生育が優れた。弱剪定は根量が多く、着花数も多かった。
研究分担生産環境常緑栽培育種
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030172940
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat