茶に関する試験

茶に関する試験

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H11〜
年度2010
概要【目的】 本県茶産地の特性を踏まえた栽培管理技術を確立し、茶業経営の安定に資する。 【成果】 1)「めいりょく」の生産安定と品質向上対策  更新期間の程度と浅摘みの程度が翌年の一番茶の収量構成要素に及ぼす影響について検討し、樹高が低いほど一枝重、枝条長、枝条径は増加し、整枝数は減少し、その傾向は「やぶきた」より顕著であるという知見を得た。 2)茶の病害虫発生状況調査と効果的防除法検討  (1)フェロモントラップを用いたハマキガ類の発生消長調査を行い、チャノホソガでは年間5回の誘殺ピークを確認した。  (2)ヨモギエダシャク(中齢幼虫)に対する薬剤効果(10剤供試)を行い、特に摂食行動阻害タイプの薬剤において高い効果を得た。  (3)チャノホソガに対する薬剤効果(13剤供試)を行い、葉縁潜葉期よりも皮下潜葉期防除が効果が高く、遅効性薬剤では荒茶の品質低下が懸念された。 3)施肥体系の見直しによる効率的施肥技術の検討  (1)鶏糞を用いた費用低減施肥については、慣行区と比較して粗収益が優り、低コスト化による所得向上が図られた。  (2)樹冠下点滴施肥法による効率的施肥技術については、慣行区が一番茶収量、秋整枝量ともに液肥施用区に優った。 4)樹勢の強弱と二、三番茶摘採の可否が翌年一番茶に及ぼす影響の調査  二、三番茶摘採の可否に関わらず、樹勢の強い区が優り、樹勢の強弱に関わらず三番茶不摘採区が、翌年の一番茶での収量、粗収益及び年間粗収益において最も優れた。 5)推奨品種の作況調査及び優良品種特性調査  (1)本県推奨4品種「やぶきた」「めいりょく」「かなやみどり」「おくみどり」について本年度の気象要素と生育、収量の実態把握を行った。  (2)本県推奨品種候補を選定するため、他県においても評価の高い5品種についてその基礎データの収集を行った。
研究分担満濃試験地
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030173041
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat